« ウォーキング | トップページ | メロンパン »

2016年2月24日 (水)

ハート展へ

念願だった「NHK ハート展」を観に行ってきました。

全国を順番にまわっていて、
東海地方では2月20日~3月4日まで開催されています。
会場はお隣、岐阜市内。
各駅停車で、のんびりtrainに揺られて、車窓の景色を見たり、
本を読んだりしながら、ちょっとだけ旅行気分も味わえました。
あっと言う間に着いちゃいました。実は名古屋から近いんです。

Photo_2

この「ハート展」とは、障害がある方がつづった詩に、
著名人&アーティストがアート作品でその思いを表現しています。

今回、入選された障害のある方の普段の生活の様子を、
以前番組で見ていたので、その方の表情や映像を思い出して、
詩を読みながら、胸が熱くなりました。
なんて感性豊かなんだろう。。。
短い詩に込められた思いがストレートに伝わってきて、
ただただ感動し、一点一点ゆっくりじっくり鑑賞しました。

涙腺がゆるみっぱなしで、気づかれないようにするのが大変でしたweep

興味がある方は、サイトをご覧下さいネ。
ハート展

巨匠アラーキーさんが撮影された、作詩者さん達のポートレート
ホントに素晴らしかったですshine

もう一度行きたいなぁ。。。

« ウォーキング | トップページ | メロンパン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。(*^o^*)
すっかりご無沙汰してしまいました。

ハート展、知らなかったです。
写真も素敵ですね。(*^_^*)

かくいう私も、実は心臓の手術をしてから障害者手帳を持っているんですよ。
元気な時には気付くことさえなかった、ごく当たり前の「生きる」ということ。
障害者として新たな人生を歩みだして、ほんの些細な風の匂いや雲の色から、生きていることを噛みしめています。

人は何かを失っても、失ったもの以上にたくさんの何かを得るのだと思います。

それが「命」であれば尚更。
私は、今この時間がとても大切でいとおしい。

24時間テレビでは、障害者がなにか見世物のような気がして、私は見る気になりませんが、障害を持つ人の声が、たくさんの人達に聴こえるこういった展示はどんどん広がっていくといいな~と思います。(^^)


*ぷりさんへ*
ぷりさん、こんばんは~♪コメントありがとうございます!

20時~のNHK・Eテレ「ハートネットTV」という番組をよく観るんですが、
そこで「ハート展」のことを知り、ずっと観に行きたいなぁって思ってたんですヨ。

24時間テレビは私もぷりさんの意見に同感で番組は観てないんです。
ハートナーショップで募金だけはしますが。
この「ハート展」は、普段の何気ない日常の中からこんなにも豊かで温かい言葉が
見つけられる作詩者さん達にただただ感心しました。
ホントに素晴らしい作品ばかりでした。

大変な思いをされて今があるぷりさんのコトバ、ものすごく説得力があります!!
思わずじ~~んときました。。。
またこうして交流させてもえることは実は奇跡のようなことなのかもしれませんねconfident
当たり前とか普通とか思ってたことは実は奇跡の連続なのかもって。

こういう作品展を通して、障害のある方の声が多くの人に広がり
伝わっていきますようにclover

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540551/63261929

この記事へのトラックバック一覧です: ハート展へ:

« ウォーキング | トップページ | メロンパン »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

映画&DVD

最近のトラックバック

無料ブログはココログ